東京都渋谷区・新宿区の税理士|税理士法人 五島税理士事務所(五島会計事務所)

税理士用語集

税理士法人 五島税理士事務所  >  税理士用語集  >  住民税

住民税

じゅうみんぜい

住んでいる都道府県と市区町村に納める、2つの地方税を合わせたものをいいます。
住民といっても個人だけではなく、法人にもかかります。なお、個人の住民税は市区町村分のみです。

個人の住民税は、会社に勤めている会社員であれば、毎月の給料から天引きされ、勤務先が本人に代わって各市区町村に納めることになっており、これを特別徴収と呼んでいます。
一方、会社を退職した人は、各市区町村から郵送されてくる納税通知書に従って、本人が直接納めることになっており、これを普通徴収と呼んでいます。

法人にかかる住民税、法人住民税も地方税の一種です。
個人の場合とは異なり、都道府県に支払うものと、市町村に支払うものに分かれます。
また、会社の利益に応じてかかるもの (法人税割) と、
会社の利益に関係なくかかるもの (均等割) に分かれています。

  • 社長の数だけ悩みがある170人の社長から学んだ実践的相談実例集|社長のための経営相談所
  • 税理士紹介 布瀬川税理士
  • 税理士と経営、起業、お金について語り合う「ランチ相談会@代々木上原」
  • 税理士試験 奨学金支援制度のご案内
  • 2014年4月1日~消費税増税Q&A特集
  • 税理士コラム[詳しくはこちら]
  • 税理士Q&A[詳しくはこちら]
  • 税理士用語集[詳しくはこちら]
  • 五島洋税理士のひとくちQ&A
  • 弥生会計の使い方[詳しくはこちら]
  • 税理士事務所インターンシップ制度「五島道場」[限定2名]
このページの先頭へ